ライターのご紹介
19人のメンバーが見つかりました
利用可能な情報がありません
『マイコンBASICマガジン』の「チャレンジハイスコア!」コーナー4代目担当。ゲームセンター「プレジャーキャッスル」「ゲームスポットアテナ」で店員として勤務。1980~1990年代はアーケードゲームの...
利用可能な情報がありません
学生時代に、「水島屋T.J.」名義でゲーム雑誌『ゲーメスト』の第2期ライターとして業界入りし、海外ゲーム雑誌の逆特派員や業務用ゲーム制作などを経る。1998年に「サイトロン・デジタルコンテンツ」の大野...
利用可能な情報がありません
『スペースインベーダー』『パックマン』でゲームミュージックに目覚める。雑誌付録のソノシートで聴いた『テラクレスタ』のサウンドに衝撃を受け、作曲者の吉田健志氏にファンレターを送ったことをきっかけに親交を...
利用可能な情報がありません
フリーライター。20歳のときに『BEEP!メガドライブ』編集部にアルバイトとして採用されたのを機に、ゲームに関する記事を書くことを生業にして、気付けば20余年。好きなゲームは『メトロイド』『ファンタジ...
利用可能な情報がありません
1976年生まれ。雑誌/書籍編集集団『すずめ出版』代表。生まれて初めてプレイしたアーケードゲームは『ポールポジション』(1982年/ナムコ)。懐かしさだけで終わらないクラシックゲームの魅力を伝えられれ...
利用可能な情報がありません
1982年生まれの福岡県育ち。多感な幼少時代にゲーム好きの父の洗礼を受け、1980~90年代のゲームを遊びつくす。中学生時代に父が所持していたネオジオの『KOF'95』を遊んだことをきっかけに、格闘ゲ...
利用可能な情報がありません
『スペースインベーダー』に衝撃を受けてプログラミングの道に入った元ゲーム開発者。Z80と68000が主戦場。PCエンジンのCPU(65C02?)も当時好きだった。 好きなゲームは『DEFENDER』...
利用可能な情報がありません
1965年、東京都生まれ。株式会社ナムコでディレクターとしてさまざまなアーケードゲームの開発に携わった後、ノイズ社を立ち上げ、任天堂と共同でカスタムロボシリーズ5作を手掛ける。その他の代表作:コズモギ...
利用可能な情報がありません
『ゲーメスト』(1996年~廃刊)、『アルカディア』(創刊~2006年)でライターとして紹介・攻略記事を執筆。現在は細々とハイスコア集計をお手伝い中。...
利用可能な情報がありません
1967年生まれ。初めてのビデオゲームは『テレビテニス』。『スペースインベーダー』登場前よりゲームコーナーに出入りし、70~90年代のゲームはプラットフォームを問わず遊び尽くした最古参ゲーマーの一人。...
利用可能な情報がありません
昭和から平成まで、その時代リアルに稼働したゲーム機を調べて数多くプレイし、 ゲーセンと業界の移ろいを発信し続けてきた希代のアーケードゲーム研究者。 日本のゲーム系データベースの基礎を作ったとされる...
利用可能な情報がありません
1968年生まれ。初めてはまりまくったゲームは、『ドラゴンクエスト』シリーズ。 『ドラクエ1』の「復活の呪文」は今でも覚えていて、ファミコンで展示してあると呪文を入れて竜王を倒しエンディングにして、...