市原雄亮

新潟県上越市出身 神奈川県横浜市在住
成蹊大学法学部法律学科卒業

4歳よりピアノを始める。中学校でテューバに出会い、後にトロンボーンに転向。大学は法学部へ進み、在学中に指揮を本格的に学び始める。
法学と指揮を学びながら大学を卒業。2006年より指揮者として活動を開始。2011年に神奈川フィルハーモニー管弦楽団で開催された副指揮者オーディションへ応募。第二次審査まで進み、同楽団を指揮する。
2012年、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」を立ち上げ、首席指揮者に就任。現在は後継団体である新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団の代表、指揮者を務める。
音楽誌での連載、ソニーレコードのクラシックCDライナーノーツ執筆等の文筆業や、讀賣新聞朝刊全国版第2面で個人の特集記事の掲載、地上波TV番組への出演、“ファイナルファンタジー”シリーズのBGM収録での指揮など、精力的な活動を繰り広げている。2019年にはNHK総合“SONGS OF TOKYO”でX JAPANのYOSHIKI氏と共演。
その他、ディレクション、プロデュース等も行っており、公式商品として「ナイツ NiGHTS into Dreams…」ピアノ譜、「英雄伝説 碧の軌跡」ピアノ譜、「ロックマンX」シリーズ25周年記念のバンドスコア・ピアノ譜、「テイルズ・オブ・ファンタジア」ピアノ譜のディレクションを行う。また、2019年には「アクトレイザー」全曲スコア化プロジェクトをクラウドファンディングで成功させている。
トロンボーンを高階恵、三輪純生の両氏に、指揮を金丸克己氏に師事。

  • 2020年01月31日

イチハラ指揮者の“カレー”なる日々 第1回

突如はじまった新連載。書き手は古代祐三氏の楽曲のみで構成されたコンサート「古代祭り」で大きな注目を集め、年末の「ウィザードリィコンサート」で多くの聴衆を感動に震わせたあの市原雄亮氏。その市原氏は、いか[…]