インベーダーハウス、2018年に1日限りの復活!

  • 記事タイトル
    インベーダーハウス、2018年に1日限りの復活!
  • 公開日
    2018年08月14日
  • 記事番号
    474
  • ライター
    IGCCメディア編集部

スペースインベーダー』生誕40周年となる今年、全国でさまざまなイベントが催されています。きたる2018年8月18日(土)には、かつて一世を風靡したインベーダーハウスをテーマにした有志イベント「INVADER HOUSE 2018」が、秋葉原で開催されます。

インベーダーハウスとは『スペースインベーダー』のみを設置したゲームセンターで、1970年代後半から1980年初頭にかけて全国各地に出現しました。

イベント当日は、このインベーダーハウスを会場に再現。『スペースインベーダー』の開発者である西角友宏氏とサウンド担当の亀井道行氏によるトークショーをはじめ、両氏のサイン会や、2016 年の公式競技会「スペースインベーダーチャンピオンシップ」で優勝したfukkokuya(フッコクヤ)氏にチャレンジできるハイスコアチャレンジなど、当時の興奮を呼び起こすさまざまな企画が用意されています。また、トークイベントには当研究所の大堀康祐所長もゲストとして参加します。

会場にはテーブル筐体、アップライト筐体の『スペースインベーダー』が設置され、フリープレイで体験できるほか、同ゲームのグッズや資料の展示が行われます。

本イベント主催者は、アマチュアベースで映像を配信しているOBS(おにたま放送局)を運営するおにたま氏。レトロアーケードゲームにも造詣が深い同氏が、『スペースインベーダー』や「インベーダーハウス」を知っている人だけではなく、知らなかった人にも当時の様子や雰囲気を伝えていきたいと企画した1日限りのイベントです。

スペースインベーダー世代もリアルタイムでなかった世代も、一大旋風を巻き起こしたインベーダーゲームの魅力にあらためて触れることができる貴重な機会です。ぜひ会場へお越しください!

【日時・場所】
日時:2018年8月18日 12:00開場、19:00終了
(来場者多数の場合、トークショーの席数が制限される場合があります)
場所:秋葉原 QLQLcafe(クルクルカフェ)東京都千代田区外神田3-7-2 山口ビル1F
アクセス:JR秋葉原駅 徒歩7分、銀座線末広町駅 徒歩3 分
入場無料・入退場自由

【タイムテーブル】
12:00~ インベーダーハウス開店セレモニー
12:20~ 海外からのビデオメッセージ上映
12:30~ 西角友宏氏・亀井道行氏によるトークショー
14:00~ 西角友宏氏・亀井道行氏サイン会、記念撮影
15:00~ スペースインベーダーとその時代背景(トークショー)
16:30~ スペースインベーダー・ハイスコアチャレンジ
18:30~ インベーダーハウス閉店セレモニー

※トークショー、ハイスコアチャレンジ以外はフリープレーでゲームをお楽しみいただけます。

【ゲスト(敬称略)】
西角友宏(『スペースインベーダー』開発者)
亀井道行(『スペースインベーダー』サウンド基板開発者)
fukkokuya(『スペースインベーダー』チャンピオン)
大堀康祐(ゲーム文化保存研究所 所長)
ほか

【主催】
主催:OBSLive / 基板大好き
協賛:株式会社ツェナワークス

【問い合わせ先】
「INVADER HOUSE 2018」公式サイト
OBSLive / 基板大好き
※タイトー公式イベントではありません。詳細はOBSLiveまでお問い合わせください。

【協力】
タイトー
アミューズメント通信社
ゲーム文化保存研究所(IGCC)
高井商会
Aztech Corporation

© TAITO CORPORATION 1978,2018 ALL RIGHTS RESERVED.

IGCCメディア編集部

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]