ワルキューレの伝説

タイトルワルキューレの伝説
読みわるきゅーれのでんせつ
英名The Legend of Valkyrie
メーカーナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)
リリース年月1989年4月
ジャンルアクションゲーム
操作形態8方向レバー×1、ボタン×2

ゲーム概要
ファミコン用アクションRPGとして人気を博した『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』(1986年/ナムコ)の続編だが、物語上のつながりはない。本作はアーケードゲームということで成長要素は抑え、アクションゲーム寄りになっている。二人同時プレイが可能で、その場合は1P側がワルキューレ、2P側がサンドラを操作する。ただし性能面での違いはない。ボタンは、攻撃とジャンプに割り振られている。魔法の玉を持っている場合は、攻撃ボタンは長押しすることで魔法の選択、ボタンを放すことで選んだ魔法が使える。この魔法選択時にキャラが無敵状態になるのは攻略上、非常に重要。

背景
1988年にリリースされた「SYSTEM Ⅱ」基板を使用している。この基板は画像の拡大・縮小・回転機能をハードウェアでサポートしていることが特徴で、これを利用した演出が各所で用いられている。このSYSTEM Ⅱでリリースされたタイトルは、第一弾である『アサルト』(1988年)の他、『フェリオス』(1989年)や本作などがあるが、タイトル数はそれほど多くはない。当時のハードウェアの進歩は目覚しく、次にナムコが開発した基盤「SYSTEM21」(1989年)は3Dポリゴンを扱える設計されており、これを機に市場に数多くの3Dゲームがリリースされることになる。

ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この項の画面写真は、すべてバンダイナムコエンターテインメント提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]