バーチャファイター

タイトルバーチャファイター
読みばーちゃふぁいたー
英名Virtua Fighter
メーカーセガ(AM2研)
リリース年月1993年12月
ジャンル対戦格闘ゲーム
操作形態8方向レバー×1、ボタン×3

ゲーム概要
ポリゴンを使用した、世界初の3D対戦格闘ゲーム。操作可能な登場キャラは8人。8方向レバーでキャラクターを移動させるだけでなく、3つのボタン(パンチ、キック、ガードにそれぞれ対応)との組み合わせで多彩な技を繰り出すことができ、シンプルな操作系ながらも奥の深い駆け引きを楽しめるよう設計されている。相手との体力差で勝敗を決する従来の格闘ゲームの文法を引き継ぎながらも、戦いの舞台となる正方形のフィールドから落ちるとリングアウトとなってしまうシステムを導入。それによってリアルなだけでなく、スピーディな攻防が繰り広げられることとなり人気に拍車がかかった。

背景
複雑な操作を極力排除し、手先の器用さや操作のうまさではなく、格闘センスを競える作品を、ということで鈴木裕氏を中心として作り出された。その結果、これまで主流だった2D格闘ゲームに入り込めなかった層までをも巻き込んでヒットを飛ばし、有名プレイヤーのデビューや全国大会の開催など、数々の話題を提供した。アーケード版リリースのおよそ1年後の1984年にはセガサターンにも移植された。任天堂ハード相手に苦戦していたセガだったが、このタイトルはキラーソフトとなり、70万本を越える大ヒットを記録。その後も続編や関連作品が作られ、3D対戦格闘ゲームの礎となった。

ⒸSEGA

この項の画面写真は、すべて株式会社セガホールディングス提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]