「ゲームレジェンド28」に出展してきました!

  • 記事タイトル
    「ゲームレジェンド28」に出展してきました!
  • 公開日
    2018年05月29日
  • 記事番号
    803
  • ライター
    大堀 康祐

去る2018年5月21日、川口市民ホールで開催された「ゲームレジェンド28」にゲーム文化保存研究所として初出展し、私も当日開場から参加させていただきました!!

▲無料冊子配布風景

開場前からホール前には多数のゲームファンが集まっていて活気にあふれていました。ゲーム文化保存研究所ブースにも多数の方々が訪れてくださり、用意していたフリーペーパー「ゲーム文化保存研究所 Magagine vol.1」500部も昼過ぎにはなくなってしまうほどでした。ブースに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
(また、せっかく来てくださったのに冊子を差し上げられなかった方々には申し訳ありませんでした。)

たくさんの方々にブースに来ていただけたのは本当にうれしかったです。

あわせて印象に残っているのが、小学校低学年くらいの男の子に「ファンです」と言われたこと。お父さまが見ている昔のビデオで私のことを知ったそうな…。
また、それ以上に、このような次世代の若いゲームファンが増えてきていることが、ゲーム好きとしてはうれしかったです。

次回の「ゲームレジェンド29」への参加も検討しています。詳細が決まりましたらIGCC.JPTwitterでお知らせします。次回も会場で皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

ゲーム文化保存研究所所長 大堀康祐

大堀 康祐

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]

2019年10月04日

『ナイトストライカー』を作った男たち 中編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー それぞれに情熱に満ちた高校生時代を送った海道氏と津森氏。卒業後、ともにタイトーへ入社するが、すぐに『ナイトストライカー』の制作に取り掛かるわけではない。海道氏は[…]