貴重な資料とともに、ゲーム産業黎明期を考察する 電子書籍『ビデオゲーム・アーカイブス』創刊のお知らせ

  • 記事タイトル
    貴重な資料とともに、ゲーム産業黎明期を考察する 電子書籍『ビデオゲーム・アーカイブス』創刊のお知らせ
  • 公開日
    2018年01月15日
  • 記事番号
    88
  • ライター
    IGCCメディア編集部
©HAMSTER Co

”ゲーム”をひとつの文化と捉え、それを“未来への遺産”にする目的で、ゲーム文化保存研究所(所在地:東京都新宿区、所長:大堀康祐)は設立されました。そのゲーム文化を保存する為の出版活動として『ビデオゲーム・アーカイブス』を2018年1月15日に創刊したことをお知らせいたします。


第1弾はツインレバーで業界に衝撃を与えた『クレイジー・クライマー』

画期的なツインレバーでゲーム業界に衝撃を与えた異色作『クレイジー・クライマー』。その全てを1冊にまとめました。本メディアでも公開中の『クレイジー・クライマー』開発者・藤原茂樹氏インタビューの完全版、アーケードゲームに伝説を刻んだ日本物産を懐かしい写真とともに紹介した「日本物産とはどんな会社だったか?」特集など、名作ゲームが作られた舞台裏を、一般には公開されていなかったオペレーター用の設定資料や海外向けの販促資料とともに初公開しています。

Amazonから定価500円で発売中。Kindle Unlimitedの対象※となっており、会員なら無料で読めます。

▲開発者・藤原茂樹氏のインタビュー記事

『ビデオゲーム・アーカイブス vol.1 クレイジー・クライマー』

著者:ゲーム文化保存研究所/見城こうじ/石黒憲一/大堀康祐

©HAMSTER Co.

【内容】

  • 『クレイジー・クライマー』をつくった男、藤原茂樹インタビュー
  • 日本物産とはどんな会社だったか?
  • どんなゲームだったのか?
  • 筐体から見た「クレイジー・クライマー」
  • さまざまなインストラクションカード
  • ゲームシステムと操作方法
  • 登場キャラクターとドット絵パターン
  • 敵ギミックの出現ポイントまでを網羅した「全ステージマップ」
  • 「裏技・バグ技」大公開!
  • 〈対談〉石黒憲一(娯楽産業研究家/キバンゲリオン)×大堀康祐(ゲーム文化保存研究所所長/うる星あんず)
  • 移植された『クレイジー・クライマー』たち(ファミコン/プレイステーション/玩具・ボードゲーム)
  • 基板から見た『クレイジー・クライマー』
  • 基板で分かる『クレイジーコング』リバーパトロール』との関係

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]