『昭和40年男』に大堀所長のインタビュー記事が掲載されました!

昭和40年(1965年)生まれの男性にターゲットを絞った異色の雑誌『昭和40年男』(クレタパブリッシング)。昭和40年生まれが気になるサブカルチャーから健康に至るまで毎号多彩な特集を組み、その熱くも濃い内容でじわじわと読者をつけ、今年で創刊10年を迎えた人気雑誌です。

そんな『昭和40年男』 VOL.54 / 2019年4月号(2019年3月11日発売)に、大堀康祐所長のインタビュー記事が掲載されます。このインタビュー記事を掲載した特集タイトルは「俺たちを震撼させた デジタル大革命」。1970年代から80年代、アナログからデジタルへの大転換の時代に昭和40年生まれの男たちを夢中にした、デジタルウォッチやビデオゲーム、マイコンなどが特集されています。

インタビューでは「ゲーセンにかけた青春」と題し、ビデオゲームに夢中だった大堀所長の少年時代を振り返りながら、大堀所長が高校時代に制作した同人誌『ゼビウス1000万点への解法※1ゼビウス1000万点への解法 : 大堀所長が高校生時代に制作した、アーケードゲーム『ゼビウス』(1983年/ナムコ)の攻略法が記された同人誌。の制作経緯や、ゲーム文化保存への熱い思いなどが語られています。

本誌は全国書店、コンビニで発売されるほか、クレタパブリッシングの公式オンラインショップAmazonなどインターネット書店でも購入できます。ぜひ一度お手に取ってご覧ください!

『昭和40年男』 vol.54 / 2019年4月号
定 価:700円(税込)
発売日:2019年3月11日(隔月刊・奇数月発売)
問合せ:公式サイトお問い合わせフォーム

 

 

脚注   [ + ]