餅月あんこのゲーセンに行きたい!

  • 記事タイトル
    餅月あんこのゲーセンに行きたい!
  • 公開日
    2020年01月10日
  • 記事番号
    2501
  • ライター
    餅月あんこ

第1回「クレーンゲームで獲りたい!」

ゲーム文化保存研究所さんでは初めまして、漫画家の餅月あんこです。
「若い世代や女性が読んで楽しいコラムを!」というミッションを命じていただきましたので、アーケードガチ勢には程遠いワタクシですが(格ゲー友達とは使った金額がたぶん1ケタ違う! 宴会の予約担当です)、バリバリのエンジョイ勢なりにゲーセンでゆるゆる遊んでいく生きざまをお届けしていきたいと思います。
そんなわけで、記念すべき第1回は、クレーンゲームで獲りたい!!

クレーンゲームといえば……

クレーンゲームといえば、最近は映画『名探偵ピカチュウ(Pokémon Detective Pikachu)』の耳つきハンチングがどーしてもほしくて、ウン千円費やして海外からの観光客のかたがたに見守られつつ無事にゲットしたのですが(途中から意地にもなってました、なりますねアレ)、中1の息子は『インクレディブル・ファミリー』のベビー、ジャック・ジャック・パーの、手を押すと目が光る(たまらん!)デッカイぬいぐるみを1クレジット×2回でサクッと2つゲットしたりするので、お前何なん? って感じでくやしい思いをしました。
じょ、上手になりたいー!!
サクッと景品獲ってモテたいー(クレーンゲームが上手いと女子にモテるという思い込み)!!

クレーンゲームのテクニックは色々あるんだろうなと思いつつ、今まで一度も真剣に向き合ったことがなかったので検索してみたところ、エブリデイ行田店さんというところが「クレーンゲーム台数世界一」で、しかもクレーンゲーム検定というのも定期的にやってるようで、何かテクニックが盗めるかも……という期待もしつつ遊びに行ってみました!

エブリデイ行田店さん

今回の獲物は……

最初に気になった台の景品は、『おさるのジョージ』のバナナの形をしたけっこう大きめのポーチ。
これは数回やってみたのですが残念なことに取れませんでした。
取った後にどういう用途で使うのかは不明という気の迷いが、ここぞという力が出なかった敗因と思われます。
気持ち、大事。

2階に上がってすぐ目に入ったのは、お菓子のクレーンゲーム。
まだまだ中1の息子も大好きな、うまい棒にチャレンジしてみました。
100円で8回ということは、何回か2本以上まとめて取れれば買うより安くなる可能性もある計算ですな……。
で、結果は合計3本……っ!

これはね、お子さんがプレイした時に、自分で汗水流して(※そこまで体力使わない)、お菓子を獲るということに挑戦する楽しさと、成功した喜びやら、「コレ買ったほうが安くね?」と思うなら思うで、色々と学ぶものが得られるのではないかと。
私は大人ですけどね!
よし、次いってみよー!

サラマンダー!

映画『アナと雪の女王2』が公開されたばかりだったので、ぬいぐるみ系はオラフが多い!
すると新キャラクターの『サラマンダー』が1匹だけいる台が!
『アナと雪の女王2』では憎可愛い(私は大好き!)サラマンダー!
イチかバチか狙ってみたところ、2回目で……。

うまいことチェーンに引っかかって……

GET!!
ワタシ的には大勝利で満足して帰ったのでありました(小1姪っ子にあげたところ、まんまと喜んでくれました。サラマンダーのグッズは私も初めて見たもん!)。

エブリデイ行田店さんのサイトには、行田店の店長さんにして、クレーンゲーム協会から達人認定されているNAOYA名人のクレーンゲームの獲り方テクニック(リンクは、こちら)が紹介されていて、「雪崩」「ムーンサルト」とか技名がおもしろいので、クレーンゲームが上手になりたい! っていう人は見てみてもらえると良いかと思います!
クレーンゲーム検定も講習込みで定期的に開催されているので、興味があるかたはサイトをCheckすべしですぞ!

本日お邪魔したゲームセンターは……

「クレーンゲーム台数世界一※」エブリデイ行田店(※2020/01現在は東京店が台数世界一だそうです)
埼玉県行田市下忍644-1
公式ホームページ
でした。
取材ご協力と写真掲載のご許可、ありがとうございました!

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]