餅月あんこのゲーセンに行きたい!

  • 記事タイトル
    餅月あんこのゲーセンに行きたい!
  • 公開日
    2020年03月06日
  • 記事番号
    2760
  • ライター
    餅月あんこ

第4回「筐体購入女子とパンケーキを食べたい!」(前編)

今回は、1997年頃の『バーチャファイター3』の店舗大会に出るのにチームを組んで以来、なんだかんだで20ウン年仲良くしてもらってるバーチャ仲間で、当時筐体と『バーチャファイター3』の基板を購入した、リングネーム『謎の奥さん』(パイ)とお茶できる機会があったので、いろいろと当時のお話を聞かせてもらいました。

母と息子でバーチャプレイヤー

謎の奥さん(以下『』):『バーチャファイター』といったら、B-1(息子)のほうが頑張ってた感じかな……。ベネッサのキャラランキングで2位までいったよね。

B-1(以下『B』):そうそう。

あんこ(以下『』):凄いじゃん! 初めて会ったときが(『バーチャファイター3』の)全国大会の予選で。

B:なつかし~い!

:え、覚えてる!? だって5才だよ!?

るん(B-1の妹。以下『』):5才でやってたの?

:やってた、やってた。

:(新宿駅)東口の歌舞伎町の近くのスポランで、私もそこの店舗予選の代表枠を狙って行ったんだよね。そしたら、るんがとにかく椅子の上でくるくる回ってて。

:アハハハハ!

:凄い覚えてるー! それ(るんは)3歳だよね。とにかくずっと回ってて……で、この2人(謎の奥さんとB-1)がずっとメガロで対戦してて、見てたんだけど、勝率がまったく五分五分だったの。

:(笑)

:そのとき、もう筐体持ってたの? まだ?

:まだかなー。

:(バーチャファイター)3が出てからアストロシティ買ったの?

:アストロシティじゃなくてブラストシティだったかな。

:そうなんだ! ちなみに、普通にあのときって(筐体を)買おうと思えば買えたの? ツテみたいな?

:なんか、ゲーム雑誌の広告を見て。

:へぇ~、(筐体購入情報が)載ってたんだ。スゴイね(笑)。

B:あれって、バラの状態で来んの? あそこ入った?(←家の話をしてる)

:うん、そんな、そこまで問題じゃなかったよ。

B:ヨコが通ればね。

:そうそうそう、大丈夫。

:渋谷洋一さんはクレーンで吊って(2階の)ベランダから入れたとか有名だよね。

:あ~、ドアの幅が狭いと、ダメかもしれない。

:そうなんだ~、アーケードゲームの連載(コレ)やらせてもらってて、こんなに身近に筐体買った人がいるから、ぜひ出て~、って思って。女子で筐体を買った人ってのはなかなか!

写真左:昨年、とあるバンドのライブに行った際に餅月が撮影した、謎の奥さんのブレた写真(ブレていたため、掲載OKいただきました)。
写真右:写真ちょうだいって頼んだら送られてきた、息子B-1とその妹、るんの写真。こんな写真だけどB-1は今年独立して起業、るんは昨年ご結婚されて、すっかり大人になってました。しかし兄妹仲良くて息ピッタリだなぁ。さすが、筐体のある家は良い子が育つと言う……。

:思い切って買ってしまったけれど、完全に元は取れました! でも、家が溜まり場みたいになっちゃった。

B:ああ~。

:そりゃなるよね~。

:知らない人まで来たりする(笑)。

:アハハ!

:そんなことあったの?

:友だちがその人の友だちを連れて来ちゃってね。

:夜中とかだしね。

:みんなね、なかなか帰んないの(笑)。

:わかる~(笑)。

B:そうだよね。部屋暗くして、なんかやってたね~。覚えてる。

:ゲーセン12時で終わっちゃうのに、できるんだもんね、そこに行けば。

:なんか(基板)入れ替えられたよね。

B:バイパーズとバーチャだっけ。

:そうそうそう、中古の基板は2000円くらいで買えたの。

:基板はバーチャ2?

:2と3。

:いくらで買えるの? アレ(筐体)。

:えっとね~、いろいろあるみたいだけどねぇ(濁)。

:教えてくれないんだ(笑)。50万ぐらいだと思ってたんだけど。

B:いやそんな安くないでしょ!

:でも、完全にモトを取った!

:ふ~ん!! 大きいわぁ(笑)。

一般のご家庭における筐体エピソード

:凄いおもしろかったのが、とにかく筐体の後ろからパンが出てきたって話が(笑)。覚えてる?

B:あ~!! そんなのあったかも!

:後ろって隙間があったんだっけ?

:なんかね、(るんがパンを)残して、食べきれなかったやつを(筐体の後ろに)隠してたの。

:壁につけてたの? (筐体の)後ろは。

:でもちょっと、こう、隙間があるんだよね。

:コンセントとかのアレがね。

:そうそうそう。それで、わざわざそんなところに、なぜか。

:後ろめたかったんだろうね。

:多分そういうことだったと……。

:で、凄いカピカピになったパンが発見されたんでしょ。

:なんかね、カビてたり、かたくなったパンが出て来るのよ……。

:筐体の後ろにカビたパンとかさ、もう家じゃなきゃありえないじゃん、ゲーセンじゃありえない話じゃん(笑)。

後ろに、いにしえのパンが隠されていた、かつての謎の奥さん所有のブラストシティ。

:筐体には、なぜかみんな遊びに来ると、プリクラを貼るの。

:へぇ~、おもしろい、それ!

B:あったね~、あったあった。

:なんか凄いいっぱい貼ってあって、みんななぜか、来た足跡じゃないけど、貼ってってた。そういえば。

B:ちび太くんとか来てたもんね。

:うんうん。

B:凄いことだよね、ちび太くんが家にいるって。

小さい頃のB-1と、言わずと知れたバーチャファイター有名プレイヤーのちび太氏(写真掲載オッケーありがと~☆)。B-1のニッコニコの笑顔が、いかにちび太氏を尊敬して憧れていたかよくわかる写真!!

:あと、バイパーズの全国大会優勝者の明石家サンマンさんも。

:あ~!!

:こないだ会って話したんだけど、誰かの家で一緒にバイパーズやったって言ってたから、奥さんちだよね。

:なんかイベント行ったよね、バイパーズの、クラブイベントみたいなやつ。その後、来てくれた気がする。

:たしか恵比寿のじゃない?

:そうそうそう、なつかしい~!

次回は……

次回、当時、有名人が集まる練馬のゲーセンが!? 後編、『バーチャファイター4』が登場してからのお話に続きます! お楽しみに~!

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]