ゲーム今昔物語

2020年12月25日

“人生の攻略”を教えてくれた「アストロシティ先生」

ゲーセンで育った世代にとって、かけがえのない筐体「アストロシティ」「アストロシティミニ」が発売されるということで、アストロシティについて何か文章を起こしたいと思い、こうして筆を(タイピングですけど)と[…]

2020年12月18日

餅月あんこのゲーセンに行きたい!

第17回「スタパ齋藤さんのアーケードゲームの話を聞きたい!(前編)」 前回の忍者増田さんに続いて、もと「ログインからのファミ通編集者」で、現フリーライターのスタパ齋藤さんにお話をうかがっていきたいと思[…]

2020年12月18日

セガパステルカラーは永遠に

『スペースハリアー』ほど、多種多様なゲームハードに移植されている作品は少ないでしょう。ゲーム史に燦然と輝くあのギネスブックホルダー『パックマン』に勝るとも劣らない、いやその『パックマン』と移植数におい[…]

2020年12月18日

Under the same sky.

セガがゲームセンターの運営から撤退する。日経でそのニュースが取り上げられたとき、多くのゲームファンは驚き、嘆き、涙しただろう。そんなたくさんの人々の落胆がまだ尾を引く12月17日、「アストロシティミニ[…]

2020年11月20日

セガのゲーセンの思い出 湖畔のゲームセンター

水の都 島根県松江市について少し。松江市は、その中心に巨大な湖「宍道湖」を湛えていて、それ故に「湖北地方」「湖南地方」と、街全体が湖で南北に分断されている。その宍道湖の形をなぞるかのように、幹線道路が[…]

2020年11月20日

セガのゲーセンの思い出 心地よく秘密めいたところ

“本物”を目にした日 高校生のとき、少しだけビデオゲームから離れていた時期があった。ゲームに興味がなくなったわけではなく、他にやりたいことがありすぎてゲームセンターへ足を運ぶ暇がなくなっていた。放課後[…]

2020年11月20日

セガのゲーセンの思い出 ゲームセンターという舞台

観客としてゲーセンに通っていた頃 わたしがゲームセンターに通い詰めていたのは1980年代後半から1990年代前半にかけて。この期間、セガのアーケードゲームで最も印象に残っているのは、やはり「体感ゲーム[…]

TOPへ