空手道

タイトル空手道
読みからてどう
英名KARATE CHAMP
メーカーデータイースト(開発:テクノスジャパン)
リリース年月1984年6月
ジャンル格闘ゲーム
操作形態4方向レバー×2

ゲーム概要
空手を題材とした格闘ゲーム。入力は2本の4方向レバーのみで、その入力の組み合わせによって22種類にも及ぶ技を出すことができるようになっている。ゲームスタート直後に「技テスト」として、いくつかの技の出し方を教えてくれる、いわゆるチュートリアルが用意されている。ボーナスステージも用意されており、飛んでくる食べ物を攻撃して落としたり、かわら割りや氷柱割りに挑戦したり、はたまた突進してくる牛を迎え撃ったりする。攻撃一辺倒なわけではなく、フェイントや防御動作ももちろん可能で、1対1で戦う、対戦格闘ゲームの始祖的な存在と言える。

背景
「空手道」がリリースされた時期は対戦型格闘ゲームの萌芽の見られるころで、他にも「スパルタンX」(1984年 アイレム)や「イー・アル・カンフー」(1985年 コナミ)などの名作が次々にリリースされている。そういった作品群の中でも本作が一際注目を浴びていたのは、「ガード」のみならず「フェイント」の概念を導入したのが大きいと思われる。「空手道」では、技を出し切る前にレバーをニュートラルに戻すと、その技をキャンセル(引っ込めることが)できる。これを利用して敵(CPU)の動きを誘ってそこを仕留めるなど、35年も前のゲームとは思えないほどの完成度を誇っている。

ⒸG-MODE Corporation

NINTENDO SWITCH アーケードアーカイブス版にて撮影。
ⒸG-MODE Corporation
Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]