コラムス

タイトルコラムス
読みこらむす
英名COLUMNS
メーカーセガ
リリース年月1990年3月
ジャンル落ちものパズル
操作形態4方向レバー×1、ボタン×1

ゲーム概要
3個1組となって画面上部から落下してくる宝石をレバーの左右で任意の場所に落下させては積み上げていき、同じ色を縦か横、あるいは斜めに3個以上揃えて消していくゲーム。「連鎖」の概念が採用されており、消えた宝石の上にべつの宝石が乗っている場合、それらは下方へと自動的に落下し、そこで色が揃うと宝石が再び消える、ということを繰り返す。レバーで移動させられる宝石に限り、宝石は画面上部から登場後、完全に接地するまではボタンで色の順番を入れ替えることが可能。しかし画面の最上段を越えて宝石が積み上がるとゲームオーバーになってしまう。

背景
セガが『テトリス』に続く第二の落ちものパズルとして目をつけたのが、この『コラムス』。元はヒューレット・パッカード社に勤務していたジェイ・ギールセン氏が1989年に制作したゲームであったが、このライセンスを1990年にセガが取得。アレンジを施してリリースしたところ、大ヒットを記録したという過去がある。

ⒸSEGA

この項の画面写真は、すべて株式会社セガホールディングス提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]