ヘッドオン

タイトルヘッドオン
読みへっどおん
英名HEAD ON
メーカーセガ(開発:セガ・グレムリン)
リリース年月1979年4月
ジャンルドットイートゲーム
操作形態4方向レバー×1、ボタン×1

ゲーム概要
同心円状に5つのレーンに仕切られたフィールドで、敵車にぶつかることなく、敷き詰められているドットをすべて消すのが目的。自車は反時計回りに、敵車は時計回りに走るため、同じレーンに入ると、その時点でミスが確定してしまう。そうなる前にレーン変更をして敵車のいないレーンを走るようにする必要がある。自車は常に低速で走り続けているが、ボタンを押すことで高速走行が可能に。ただしレーンの変更は低速の場合は2レーンまで、高速の場合は1レーン隣にしか移動できないという制限がある。ドットをすべて消すとステージクリア。敵の車は最大3台まで増える。

背景
『ヘッドオン』といえばドットイートの起源とされているが、それに先駆けて米Ramtek社が1974年6月に『クリーンスイープ』というゲームをリリースしている。こちらはブロック崩しの亜流で、ブロックの代わりに画面内に敷き詰められたドットの上をパドルではじいたボールを通過させてドットを消していくというもの(セガが『イレース』というタイトルで1975年に国内でリリースした)。ただし、狙ってドットを消していくのは難しく、ドットを「イート」している感じは薄い。やはり能動的にドットを消していく『ヘッドオン』のほうをドットイートの元祖と呼ぶべきかもしれない。

ⒸSEGA

この項の画面写真は、すべて株式会社セガホールディングス提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]