源平討魔伝

タイトル源平討魔伝
読みげんぺいとうまでん
英名THE GENJI AND HEIKE CLANS
メーカーナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)
リリース年月1986年10月
ジャンルアクションゲーム
操作形態8方向レバー×1、ボタン×2

ゲーム概要
源平合戦に材を取っており、「壇ノ浦の戦い」で戦死した平景清が蘇って三種の神器を集め、仇敵である源頼朝を討つという筋立て。地獄からスタートして長門(壇ノ浦=現在の山口県下関周辺)で現世に蘇り、頼朝の待ち受ける鎌倉を目指す。レバーは景清の移動、ボタンは攻撃とジャンプに振り分けられており、操作面においては一般的なアクションゲームを踏襲している。しかしサイドビューとトップビュー、そして巨大なキャラ同士で戦うといった3つのゲームモードが用意されていたり、自分の刀の攻撃力が敵との戦いやアイテムの拾得によって増減するなど、いくつもの新機軸を採用した。

背景
開発スタッフの有志数名が集まって勤務時間外に制作していたゲームが、故・中村雅哉氏(当時のナムコ社長)に気に入られて正式に開発がスタートすることになったという逸話が残されている。タイトルロゴは、その中村氏の筆によるもの。またエンディングでは、1985年に急死したナムコの凄腕プログラマーである深谷正一氏に捧ぐとの文面が見られる。アーケードゲーム版の英語タイトルは『THE GENJI AND HEIKE CLANS』(ナムコミュージアムVol.4では「HEIKE」の前にTHEが入っている)だが、PCエンジン版はこれと異なり、『SAMURAI GHOST』と名づけられている。

ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この項の画面写真は、すべてバンダイナムコエンターテインメント提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]