2019年 年始のご挨拶

  • 記事タイトル
    2019年 年始のご挨拶
  • 公開日
    2019年01月04日
  • 記事番号
    780
  • ライター
    大堀 康祐

2018年はビデオゲーム・アーカイブスシリーズの『クレイジー・クライマー』に続き『ムーンクレスタ』『伝説のゲームデザイナー「上田和敏×遠藤雅伸」対談』の刊行と、ゲーム文化保存研究所の活動の幅が広がった年でした。

これもひとえに日ごろ支えて下さっているライターの皆様、応援して下さっている読者皆様のおかげです。また、版権使用をご快諾いただいたメーカー様及び出版社様、取材にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2019年は書籍の刊行だけでなく、新しい形での提案も含めて活動の幅をさらに広げていく予定です。引き続き皆様のご協力及びご支援をよろしくお願い申し上げます。

2019年 新春

ゲーム文化保存研究所
所長 大堀康祐
「IGCC.JP」メディア編集部一同

大堀 康祐

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]