大堀 康祐

1966年生まれ。高校生の時に“うる星あんず”のペンネームでミニコミ誌『ゼビウス1000万点の解法』を制作。その後『マイコンBASICマガジン』別冊『スーパーソフトマガジン』の創刊に携わり、『マル勝ファミコン』などのゲーム雑誌にてライターとして活躍。ゲームプランナーなどを経て、仲間3人とともに1994年にゲーム開発会社マトリックスを設立。2016年にゲーム文化研究所設立。
https://www.facebook.com/igcc.jp/
https://igcc.jp/

  • 2019年09月20日

Webサイトのリニューアルによせて

いつもゲーム文化保存研究所(IGCC)のWebサイトを閲覧いただき、誠にありがとうございます。 ビデオゲームはアメリカで生まれたものではありますが、それをここまで育て上げて「文化」の域にまで押し上げた[…]

  • 2019年01月04日

2019年 年始のご挨拶

2018年はビデオゲーム・アーカイブスシリーズの『クレイジー・クライマー』に続き『ムーンクレスタ』『伝説のゲームデザイナー「上田和敏×遠藤雅伸」対談』の刊行と、ゲーム文化保存研究所の活動の幅が広がった[…]

  • 2018年05月29日

「ゲームレジェンド28」に出展してきました!

去る2018年5月21日、川口市民ホールで開催された「ゲームレジェンド28」にゲーム文化保存研究所として初出展し、私も当日開場から参加させていただきました!! 開場前からホール前には多数のゲームファン[…]