Webサイトのリニューアルによせて

  • 記事タイトル
    Webサイトのリニューアルによせて
  • 公開日
    2019年09月20日
  • 記事番号
    1651
  • ライター
    大堀 康祐

いつもゲーム文化保存研究所(IGCC)のWebサイトを閲覧いただき、誠にありがとうございます。

ビデオゲームはアメリカで生まれたものではありますが、それをここまで育て上げて「文化」の域にまで押し上げたのは、日本のゲームメーカー、そしてクリエイターの方々のご尽力によるところが大きい、と私たちは考えています。

同時に、そういった先人たちの創意工夫や情熱といったものを、正しく後世に伝えるのは、「今」を生きる私たちのやらねばならないことの一つだとも感じます。

私たちは、ビデオゲームからたくさんのことを学び、励まされ、成長してきました。
ですから、その恩返しをしたいと常々考えてきました。

ビデオゲームが如何にして作られ、「文化」と呼ばれるものになったのか。
それを解き明かし、共有し、正しく保存する――それこそが今、やらなくてはならないことだとの想いから、私たちはIGCCの設立に踏み切りました。

それでも、まだまだ理想を実現できているとはいえないレベルに、私たちはいます。
そこで決意も新たに、Webページを一新することにいたしました。

ご好評いただいている開発者の方々へのインタビューや対談に加えて、今後さらにコンテンツを拡充してまいります。

引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
本日は、ゲーム文化保存研究所のWebサイトへ、ようこそおいでくださいました。

ゲーム文化保存研究所・所長 大堀康祐

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]