ハムスター社「第125回 アーケードアーカイバー」に出演してきました!

  • 記事タイトル
    ハムスター社「第125回 アーケードアーカイバー」に出演してきました!
  • 公開日
    2018年05月29日
  • 記事番号
    381
  • ライター
    大堀 康祐

2018年5月24日、ゲーム文化保存研究所の電子書籍『ビデオゲーム・アーカイブス vol.1 クレイジー・クライマー』 やWEBメディア IGCC.JPでご協力いただいているハムスター社の公式ニコニコチャンネル「第125回 アーケードアーカイバー」に出演してきました。クラシックゲームのスーパーテクニックを披露してほしいとのオーダーだったので、『ムーンクレスタ』(1980年/日本物産)と『スクランブル』(1981年/コナミ)を選ばせていただき、生放送本番に挑みました。

ハムスター社の社屋にあるスタジオでの配信で、気さくな濱田社長や芸人フジタさんが緊張をほぐしてくださり、落ち着いた雰囲気のなかでプレイできたのですが、「生放送には魔物がいる」の格言通り、いざ本番となると緊張して手は汗だらけ。
レバーもうまく操作できず、『ムーンクレスタ』はなんとかノーミスで2面クリアできたものの、メテオを多数打ち損じたりと自分的にはふがいない内容。『スクランブル』に至っては1面でミスしてしまうといったありさま。

次回はきちんと皆さんの期待に沿えるように、練習してから本番に臨みます。期待してくださった視聴者の皆さんスミマセン。

濱田さん、フジタさん、懲りずにまたぜひ番組に呼んでくださいね。

最後に、番組で大事な告知を1つ忘れていました…。電子書籍『ビデオゲーム・アーカイブス vol.2』は『ムーンクレスタ』です。お楽しみに!

ゲーム文化保存研究所 大堀康祐

大堀 康祐

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]