ファンタジーゾーン

タイトルファンタジーゾーン
読みふぁんたじーぞーん
英名FANTASY ZONE
メーカーセガ
リリース年月1986年3月
ジャンルシューティングゲーム
操作形態8方向レバー×1、ボタン×2

ゲーム概要
左右に任意スクロールが可能なサイドビューのシューティングゲーム。対地・対空の二種類の武器を使い分けるといった基本的な要素を抑えつつも、敵を倒すことで出現するコインを集め、ショップで自機の強化パーツを買い揃えていくなど、野心にあふれた斬新なシステムを搭載している。全8ラウンドの構成で、各ラウンドのラストにボスキャラが登場する(ただし、ラウンド8は全ボスとの連戦後にラスボスが出現)。システムのみならず、ゲームを彩るBGMにも力が入っており、サンバなどラテン調の楽曲の数々は、リリースから30年以上経った今でも多くのファンに支持されている。

背景
同年代の名作シューティングゲーム『ディフェンダー』(1980年/ウィリアムス)や『グラディウス』(1985年/コナミ)とは対照的な、丸みを帯びたパステル調の愛らしいグラフィックが特徴。宇宙空間で戦うのが当たり前だった当時のシューティングゲームの中で、非常に異質な存在だったと言えるだろう。もちろん、見た目だけではなく、各ラウンドの最後に登場するボスたちは個性的で、攻撃方法や弱点がそれぞれ大きく異なっており、どうやって攻略するのかを考えるのが楽しいなど、非常に骨太な作品ゆえにセガを代表するゲームとなったのである。

ⒸSEGA

この項の画面写真は、すべて株式会社セガホールディングス提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]