グロブダー

タイトルグロブダー
読みぐろぶだー
英名GROBDA
メーカーナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)
リリース年月1984年12月
ジャンルシューティングゲーム
操作形態8方向レバー×1、ボタン×2

ゲーム概要
『ゼビウス』(1983年/ナムコ)などで有名なゲームデザイナー遠藤雅伸氏によるシューティングゲーム。レバー操作で自機グロブダーを操作するのだが、レバーを入れた方向にまず砲台が向き、それから移動を開始するため、俊敏な動きで敵の攻撃をかわすといったプレイは不可能。レバーをぐるりと回してエナジー・キャノンで敵をなぎ払ったり、障害物の陰に隠れて微妙な角度で敵を狙い撃つ、あるいは敵を誘爆させるなど、状況に合った様々な戦略を駆使する必要がある。もうひとつのボタンはシールド・バリアで、こちらのボタンを押しっぱなしにしていると敵の攻撃を防ぐことができる。

背景
同社の『ゼビウス』に登場した敵の戦車グロブダーを主人公に据えた、いわゆるスピンオフ的な作品。敵の放つ攻撃が非常に速く、それを見てよけるといった遊び方はできないため、瞬時に決着がつく。そういったことから1コイン3クレジットという非常に珍しい初期設定となっていた。また全99用意されているステージ(本作では「バトリング」と言う)だが、ボタン(どちらでも構わない)を押しながらスタートボタンを押して開始すると、任意のステージからはじめることができる。リリースから30年以上経ってから、ようやくデフォルト設定の1コインクリアが達成されたという。

ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

この項の画面写真は、すべてバンダイナムコエンターテインメント提供

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]