ファミコン版『ウィザードリィⅠ、Ⅱ』の全楽曲を演奏するコンサートが開催!

  • 記事タイトル
    ファミコン版『ウィザードリィⅠ、Ⅱ』の全楽曲を演奏するコンサートが開催!
  • 公開日
    2019年11月08日
  • 記事番号
    2190
  • ライター
    IGCCメディア編集部

プロのオーケストラ奏者たちによるゲーム音楽の演奏活動を続けてきた「新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」(以下、新日本BGMフィル)が、結成5周年を迎えました。

これまでにもスーパーファミコンの名作ゲーム『アクトレイザー』の全楽曲をオーケストラ演奏した「古代祭り」の開催などで話題を集めたのは記憶に新しいところ。

その新日本BGMフィルが、通算50回目のコンサートに選んだのが、何とファミコン版『ウィザードリィ』。

ご存じのとおり、超ストイックなRPGとして確固たる地位を築き、今でも根強い人気を誇っている作品です。

新日本BGMフィルがチョイスしたのは、このシリーズの第一作目『ウィザードリィ 狂王の試練場』、そして第二作目の『ウィザードリィⅡ リルガミンの遺産』。

この2タイトルの全楽曲を演奏するという、マニア垂涎、驚天動地、一夜限りのスペシャルコンサートの開催が決定したのです!

なぜ『ウィザードリィ』が選ばれたのか?

今年はファミコン版『ウィザードリィⅡ リルガミンの遺産』が発売されてちょうど30周年に当たる記念すべき年ですが、『ウィザードリィ』が選ばれた理由はそれだけではありません。

新日本BGMフィルを支える両輪は、同団体創設者にして代表兼指揮者の市原雄亮氏、そして当楽団所属の編曲家である羽田二十八氏。

この「羽田二十八」というお名前は本名ではなく、いわゆる「活動名」なのですが、じつはファミコン版『ウィザードリィ』シリーズの楽曲を担当した故・羽田健太郎氏にあやかったものだそうです。

それだけに編曲には相当熱が入っているようで、あの重厚な楽曲群が管弦楽用にどのようなアレンジが施されたのか、ファンならずとも気になるところです。

スペシャルゲストは忍者増田氏!

さらに、新日本BGMフィルの楽しみといえば、やはり幕間に繰り広げられる指揮者・市原雄亮氏の軽妙なトーク・タイム。

今回はお題が『ウィザードリィ』ということで、スペシャルゲストとしてゲーム業界指折りのウィザードリィ愛好家として知られる、フリーライターの忍者増田氏をお迎えし、ウィザードリィにまつわるお話をあれやこれやと伺うことになっているとか。

こちらもファンにとっては、たまらない時間になりそうです。

スペシャルゲストは、あの忍者増田氏!

もうひとつさらに、極秘情報を。

『ウィザードリィ』ファンならば、誰もが知ってるあのお方――『隣り合わせの灰と青春』や『風よ。龍に届いているか』などの傑作ノベライズの数々を執筆したベニー松山氏もお忍びでご来場されるとか……。

チケットはまだ若干数、残っているそうですので、どうかお早めにどうぞ!

新日本 BGM フィルハーモニー管弦楽団とは

公式Webサイト
チケットのご購入は、
こちら
公式 Twitter

お問い合わせ先

新日本 BGM フィルハーモニー管弦楽団 事務局
info@njbp.org

コンサート詳細

公演名:NJBP Live! #12 ”ささやき - えいしょう - いのり - ねんじろ!”
公演日:2019 年 12 月 8 日(日)
時間:18:40 開場 19:00 開演(21:00 頃終演予定)
場所:北とぴあ つつじホール
全席自由
切符(税込):一般: 4,500 円 一般早割: 4.000 円* 友の会: 3,500 円 学生: 1,500 円**
*期間限定
**数量限定。規定数に達し次第終了となります。

ゲスト:忍者増田(フリーライター)
司会:市原 雄亮(指揮者、同楽団代表)
演奏:新日本 BGM フィルハーモニー管弦楽団
主催:新日本 BGM フィルハーモニー管弦楽団

演奏予定タイトル

・ウィザードリィ 狂王の試練場 全曲
・ウィザードリィ II リルガミンの遺産 全曲
※プログラム内容は変更となる場合がございます。
※ファミリーコンピュータは任天堂の商標です。

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]

2019年10月18日

なかったはずの海外アーケードゲームを楽しむ男 前編

1980年代初頭から「ゲームブティック高田馬場」(すでに閉店した、高田馬場にあったナムコ直営のゲームセンター)を中心に、海外のアーケードゲームのおもしろさを多くのプレイヤーに広めた男がいた。自分の好き[…]