思い出のセガのゲーセン

  • 記事タイトル
    思い出のセガのゲーセン
  • 公開日
    2020年11月20日
  • 記事番号
    4154
  • ライター
    IGCCメディア編集部

2020年11月4日、日本経済新聞により「セガサミーホールディングスがゲームセンターなどの娯楽施設運営事業から撤退する」との報道がなされました。
店舗名は原則として継続するとのことですが、多くのゲームファンはがっくりと肩を落としたことでしょう。

私たちゲーム文化保存研究所(IGCC)は、ビデオゲーム文化の保存を目的として活動を続けておりますが、ゲームの基板や筐体等の保存だけを目的としているわけではありません。
また、クリエイターの方々のインタビューなどを掲載すれば、それで役目を果たしているとも考えておりません。

ビデオゲームとは、プレイヤーの存在があってこそ、輝きを放つもの。
遊び手の思い出もまた、保存すべき文化の重要なパーツなのだとの認識を持っております。
そういった思い出は昔を懐かしむだけでなく、今、この瞬間への、そして未来へのエールでもあるとも考えます。

今回、ゲーム関係者・ライターのお二方に加え、IGCCメディア編集部からふたり、合計四名の方に「セガのゲームセンターでの思い出」を語っていただきました。

もしも、「私にも、俺にも語らせろ!」とおっしゃる方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

セガのゲーセンの思い出 01:ゲームセンターという舞台(text_ハイロゥ)
セガのゲーセンの思い出 02:セガのゲームセンターとガンシューの話(text_きらり屋)
セガのゲーセンの思い出 03:心地よく秘密めいたところ(text_IGCCメディア編集部・手塚)
セガのゲーセンの思い出 04:湖畔のゲームセンター(text_梅路秋奈)

こんな記事がよく読まれています

2019年09月27日

『ナイトストライカー』を作った男たち 前編

海道賢仁×津森康男 ダブルインタビュー 今からちょうど30年前の1989年、タイトーからリリースされた名作シューティングゲームが『ナイトストライカー』である。セガの体感ゲームの数々が人気を博していた当[…]