メモリー

ビデオゲームの歴史とは、次々とリリースされてきたゲームそのものだけを指すわけではありません。お小遣いをつぎ込んで熱中した思い出や、そこで生まれた友人たちとの出会いと別れ。あるいは、あんなに足しげく通ったのに、今はもうなくなってしまった行きつけのゲームセンター。そんな皆さまの心に残る記憶も、紛れもなく「歴史」なのだろうと思います。

2018年02月26日

ゲーセンの楽しさ増幅装置だった『ゲーメスト』

1978年『スペースインベーダー』(タイトー)の爆発的ブームによって日本各地にゲームセンター(以下、ゲーセン)が増え、筆者が足を運ぶようになった1980年代半ば。そこには多くの若者がゲームの攻略に熱中[…]

2018年02月19日

編集者と読者の距離が近いパソコンゲーム誌『ログイン』

僕が初めて「パソコン」というものを知ったのは、中学1年の時だったと思います。パソコンなんて一般家庭にはほとんど普及していなかった時代ですが、それでもさまざまなパソコン誌が発売されていました。なかでも、[…]

TOPへ